【ラクキン】ラクガキの描き方!こだわりラクガキを紹介!

ラクガキキングダムのラクガキの描き方を紹介しています。ラクガキキングダム初心者でどうラクガキを描くのか分からない方はぜひ参考にしてください!

ラクガキシステムとは?

ラクガキキングダムには、自分で描いた絵が立体化となり動かすことができるラクガキシステムが搭載されています。

ラクガキシステムは、「さくっとラクガキ」と「こだわりラクガキ」の二つのモードがあり、自分の好みにあったモードでラクガキを描くことができます。

さくっとラクガキは、すでにあるラクガキをアレンジして、自分だけのラクガキに仕上げるモード。
こだわりラクガキは、自分だけのラクガキを0から描き始めるモードです。

ラクガキの描き方

ボディを描こう

まずは、ボディから描いていきましょう。
ボディを描くには、立体ペンを使って始点から終点まで一筆書きでボディを描き、形を選択することで立体化させます。この際、一筆書きで描かないと立体にならないので注意が必要です。

立体化させたあと、画面上部に表示されているサブメニューの「厚みを変更」から厚さの変更もできます。

手や足のパーツをつけて大まかな形を決めよう

次に、頭や手足などのパーツをボディにつけていきましょう。
この作業もボディを描いたように立体ペンを使用して描いていきます。

パーツを付け足したい位置をタップして接続点を作成し、接続点を中心に一筆書きでパーツを描き、形を選択しましょう。そして、頭や手足、尻尾などの役割を選ぶことでパーツが追加されます。

この手順を繰り返し、各パーツの役割を選択した複数のパーツを追加することで、全体的な体が出来上がります。

コツとしては、カメラアングルを変更し、様々なアングルから確認して描くことで綺麗な形で描くことができるでしょう。

パーツの位置を微調節しよう

位置を調整する場合は、左に表示されているメニューの編集で調節することができます。

調整したいパーツをタップで選び、画面上部に表示されているサブメニューの「移動」を選択することで微調整が可能になります。
最初に描いたパーツを選択すると、全てのパーツが移動します。
パーツの位置を変えたいときは「移動」、傾きや大きさを変えたいときには「回転拡縮」、パーツを細かく調整したり削除したい場合は「頂点変更」など細部まで自分のラクガキをこだわって作成することができます。

他にも「厚み変更」「役割変更」といったことも行うことも可能です。

シールで表情を付けていこう

次は、表情を作っていきましょう!
ツールの「シール作成」を選択し、豊富なデザインの中から顔パーツに貼り付けるシールを選び貼り付けます。

シールは角度や大きさを変えることもできるので、様々な表情を作ることが可能になります。

また、模様やラインペンを使用することで、シールではなく直接表情を描くことができます。
たとえば、模様で鼻を描き、ラインでヒゲを描くなどアイディア次第で様々な表情を再現できるでしょう。この際、一筆書きで描くことになるので注意が必要です。

ラクガキの色を決めよう

ラクガキのパーツの色を変更したいときは「塗りかえ」から変更することができます。

ベースの色は8種類あり、赤色を強くしたりなどRGBの調整やカラーピッカーで、基本色以外の色合いも出すことができるので、よりオリジナルなラクガキを作成することが可能になります。

色を決めたら、色を変えたいパーツをタップすることで色の変更がされます。

また、質感も変更するとよりデッサンで描いたようなラクガキを作成することが可能です。

モーションとボイスを付けよう

ラクガキの色や形が決まったら、最後にバトル中のモーションやボイスをモーション設定から選択します。

モーションは立ち姿やラクガキバトルで勝利したときや走り姿など細かく設定することができ、ボイスは人間♂♀からモンスターやメカなど様々なタイプがあります。

最後に名前をつけて保存しよう!

自分好みのラクガキが完成したら、セーブをしましょう。
新規データとしてセーブすることで、育成シナリオで育成することができるようになります。

ラクガキが完成したら、早速育成シナリオに進めていきましょう!
©TAITO CORPORATION 2021 ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。